プロフィール

万葉歌手 辻 友子のこと

 福岡の宗像大社(注1)近くにある、福岡教育大学音楽課程卒業。鈴虫の鳴声に耳を澄まし、蛍を観賞しながら、ピアノ・合唱音楽・音楽教育を学ぶ。

 学生時代に友人と共に、中世音楽ポリフォニー合唱団コーロ・ピエーノ(満ちる歌声の意)を設立。現在では福岡有数の中世音楽専門の合唱団として活躍している。

 音楽・脚本・衣装・舞台装置から全てオリジナルの「母と子のためのオリジナルミュージカル」で活躍。ラジオ・テレビにも度々出演する。

 故関屋晋率いる、晋友会合唱団に所属し、小澤征爾・若杉弘・朝比奈隆・井上道義・外山雄三・広上淳一・飯森範親・ブーレーズ・メシアン・ロストロポービッチなど、日本・世界で有数の指揮者の合唱音楽指導を受け、感銘を受ける。選抜されて、ウイーン管弦楽団、ロンドン交響楽団、ボストン交響楽団と、同じ舞台に立つ経験を持つ。

 みなとみらいホールにて、カウンターテノール藤岡宣男と出会う。

 その素晴らしい歌声と歌唱力に感銘を受け、プライベートレッスンを300時間という、長きに渡って受け、ソプラノ歌手としての資質を開花させる。

「生まれたてのソプラノ」リサイタルデビュー以来、横浜・東京・福岡・大分・長崎・仙台にて60回を越すリサイタル、200回を越す舞台に立つ。

(注1)宗像大社とは

天照大神(あまてらすおおみかみ)の御子神である、田心姫神(たごりのみめのかみ)を沖ノ島の沖津宮に、淵津姫神(たぎつひめのかみ)を大島の中津宮に、市杵島姫神(いちきしまのひめのかみ)を田島の辺津宮に奉り、三宮を総称して宗像大社と言う。2017年7月、正式にユネスコ世界遺産に登録された。

 

最近の活動

~2010年

2005年11月「三田文学スペシャルイベント~文学を奏でる」に、荻野アンナさん、坂上弘さんと共に出演。

2007年   CD[逢いたくて]リリース

2007年   アジアに活動の場を広げ、バリ島ウブド       にて、アナン・ガサリ舞踊団と共演、とりを務める。

2009年  「西洋と出会った日本人」~遠藤周作「侍」より、音楽と朗読に出演

10月    タイのチェンマイにて、「日本の心の歌コンサート 」に出演

        「万葉のこころを歌うコンサート」

2010年4月 FM戸塚の「辻友子おしゃべり万葉サロン」のパーソナリティーとなる。

10月    タイのチェンマイ「日本の心の歌うコンサートに出演。

10月    スペイン大使館にて、Angel Orennsannzの展覧会に出演他、いくつかのロータリークラブにて、活動。

2010年12月 国際文化会館にて、「辻友子 ボイストレーニング~万葉集で、美しい発声を」セミナーを開催

万葉歌手として

大和言葉の言霊、日本語の語感~母音を美しく表現することを大切にした歌唱、とりわけ、万葉集のオリジナル曲、民族楽器とのコラボレーションによる即興朗誦など、注目されている。万葉の心を汲む、日本歌曲・歌謡・わらべうたも歌う。美しい日本語の発声には定評がある。