手記一覧

私にとっての万葉集とは・・・

 

毎日、万葉集を詠み解いている。慌ただしい朝のひとときが
終ると、私は、万葉集に向かう。大好きな時間である。

万葉集については、今、ダメな弟子として師事している中西先生を筆頭として
多くの偉い先生方が、詳しく、様々な本にお書きになっておられるので、
ここで、私ごときが、万葉集について述べる気持ちもない。

読み解いていくうちに、4516首の万葉集は、5000首を超えてしまった。

到底、全部の和歌を覚えてはいないから、忘れた和歌をもう一度、読み解いたのだろう。
何度読んでも万葉集は良い。

季節の歌も恋の歌も長歌も・・エトセトラ

その音(おん)に浸っていると、何故か心が穏やかになったり、燃えてきたり
もの悲しさに胸が迫ったり、する。

万葉のひとときを過ごすのだ。

ずっと、読み解いていくと、私は日本人の心性を感じ
和歌の底辺に流れる、日本人の「祈り」を感じるのだ。

その心を、一人でも多くの人に伝えたいと、思っている。

2018年06月25日

現代に生きる万葉集

漫画や映画で話題となった「ちはやふる」、そのテーマのひとつ百人一首にも、万葉集からの選歌が含まれています。

原作漫画の中に、主人公のちはやが、万葉集の英訳本(リービ英雄訳)を手にするシーンがあります。

’田子の浦ゆ うち出てみれば 真白にそ 富士の高嶺に 雪は降りける’

じつはこの訳、リービ英雄さんも快心の出来と気に入っているそうです。辻友子とコラボレーションした「万葉レクチャー・コンサート 万葉のこころを歌う第21回」の講演で、”真白にそ”を”white, pure white”と訳すことを思いついた、いきさつを話されています。

(画像をクリックするとコンサートの様子が見れます)

さて、「ちはやふる」でも百人一首を読手がよみ上げる、その音をせん細にきき分ける能力を ‘感じ’ と呼び、物語の大きな要素となります。万葉集の ‘音’ の魅力が、世代をこえて私たちをひきつける好例でしょう。

美しい日本語の響き、万葉の祈りを歌謡にのせて届けたい――辻友子の「万葉リサイタル」は、そんな思いを大切にしています。

肩の力を抜き、ひたひたと寄せる音の波につつまれる…。日々の暮らしとともにある私たちの母語、その胎動ともいうべき、万葉集のやさしさにふれに来て下さい。

(サイト管理人より)

2018年06月27日

スイス・フランス便り

*辻友子は、6/28~7/4、スイス・フランスを訪れています。

スイスのチューリッヒでピアノを学ぶ娘に逢い、一緒にパリまで足を伸ばす予定です。

現地から届く便りを、お伝えします。



「万葉のこころを歌う 第33回」のコメントを下さった方、本当にありがとうございます。

励まされました。私は負けん気がなく、誉められて育つ方、一つ誉められても嬉しいです。

お客様はいろいろな要素も感じながら、生の舞台を楽しむわけですから、兎に角、一つ一つの舞台を着実に、良いものにしていきたいです。

とにかく、発声を今でも模索中です。後10年必死に頑張ります。宜しくお願いします。

 



チューリッヒの、大分歩き慣れた道を、娘と音楽、人生、家族の事など、
語らいながら、ゆったりとした、良い時間を過ごしました。
今日から、いよいよ今回のメイン・イベント、パリに旅立ちます。

私はこちらに来ると、とても、元気になるのですが、どうしてなのでしょうか?
とても不思議です。今も、こちらで、コンサートをしたいぐらいです。
娘からは、コンサートをしたら、万葉集に質問が沢山来るから、英語を勉強しろと言われました。
いよいよ、腹をくくろうかと思いつつあります。
その時は、誰かに笛を吹いて貰わねば…

留守中、宜しくおねがいします。

それでは、またメール致します。

 

2018年06月28日

スイス・フランス便り チューリッヒの朝

朝の鐘が、鳴り響いています。娘の家は、チューリッヒの少し郊外に近いところなので、吹き抜ける風も、心地良く、時計の音ばかりが、チクタクと響いています。

スイスの娘の部屋も三度目ともなると、何か、近所から訪れたような気分。

さて、パリに飛び立つ準備がほぼ終わりました。

私は何もせず、娘さまの後ろを遅れぬように、付いていくだけ。さて、どんな旅が待っているでしょう。


チューリッヒは、日本並みに、いや下手したら日本以上に治安が良く、町も綺麗です。

ここは、ドイツ語圏なので、飛び交う言語は、スイスドイツ語と英語…

Eccoという、デンマークが本店のすごく履きやすい運動靴を買いに行きました。実は私も既に、たかーい金額で、物凄く奮発して、日本で買ったのです。娘の彼氏が、いつも使っているという事で、娘も揃えたら、3人一緒…だからどうしたのよ。

その時の、娘と店員さんのドイツ語でのテンポの速い会話に感心して、ぼーっと見てました。

ジプシーっぽい人にあったのは、二度ほど。
白人は、太ったら半端ないけれど、やはり普通は皆、すらっとして足が長く、ステキ。綺麗な街並みに相応しいかんじで、美しかったです。

それでは、いざパリへ。

2018年06月29日

スイス・フランス便り パリにて

パリに来て、毎日ハードスケジュールで、夜はクタクタになって、寝てしまいます。

チューリッヒほど、綺麗な町ではありませんが、建物は素敵。みなオシャレです。
お金をかけて、オシャレな人もいれば、お金をかけないで、オシャレな人もいる。
それぞれ、自分の持ち味をいかした、ファッションです。

 

(ジブェルニーのモネの庭)

パリは、ジプシーがいて、スリなど、頻繁に起こるらしく、娘から、口うるさく注意をされます。
昨日は、ルーブル美術館、昼は芸大の声楽を出て、フランスで歌の勉強をしている娘の友人と、フランスの気楽なレストランで食事を楽しく取り、その後、パリの街をフラフラとした後、夜はパリ・オペラ座へ、オペラドン・パスクワーレを観にいきました。

(パリ・オペラ座のガルニエ)

見事に現代風の演出で、現代はこういう演出になってきたのかと、感慨深く観ました。パリ・オペラ座(ガルニエ)は、素晴らしい建物、天井はシャガールの素晴らしい絵画が描かれています。

(シャガールの絵画)

オペラが、終わったのは十時頃、でも、チューリッヒと同じで、まだうすら明るいのです。我々は翌日があるので帰りましたが、パリの夜の街はこれからのようでした。

 

2018年06月30日

スイス・フランス便り パリでランチ

*辻友子は、6/28~7/4、スイス・フランスを訪れています。

スイスのチューリッヒで娘に逢い、ともにパリを周ります。

現地から届く便りを、お伝えします。



フランスの気取りのない家庭料理の店で、フランス人の夫を持つ、声楽家のいくみさんと楽しいランチをしました。とても楽しいひとときでした。

 

(画面右が、いくみさん)

いくみさんは、芸大を出て、パリで活動しておられます。
娘の友人です。

 

2018年07月01日

スイス・フランス便り ジブェルニーのモネの庭

 

そちらは、皆さま、お元気ですか?
娘さまが、考えてくださったスケジュールは順調にすすみ、代わりに、私は体力と歩行力の限界を超え、メールを書くのもままならず、部屋に戻ると、倒れこむように寝てしまう始末。

今、少し間が出来ました。

 

(ジブェルニーのモネの庭)

(パリ・オペラ座のガルニエ。素晴らしいです)

2018年07月02日

スイス・フランス便り 帰国しました

無事、帰国しました。

パリは、ガルニエ(パリのオペラ座)
ルーブル美術館、ベルサイユ宮殿、
マルシェ(市場)、カフェタイム、
ジベェル二ーのモネの庭、また、パリはセールの真っ最中で、そこもお土産を買いに覗きました。
盛りだくさんで、さすがに疲れました。

帰国したら、蒸し暑くて、日本だなと実感しております。

ひとまず、帰国のご挨拶です。

 

2018年07月04日